原状回復の費用|賃貸アパート・マンション・店舗を1万円でも安くリフォームする秘訣とは?

原状回復費用の相場をおさえて安くリフォームする秘訣とは?

原状回復,費用

 

原状回復費用ってどっちが負担するの?

 

 

家を退去するたびに大家さんから多額の費用を
請求されて困ったという方も少なくありません。

 

 

オーナーは少しでも安く家を元どおりの姿に戻して
次の入居者に貸したいのが本音かと思います。

 

 

当サイトではそんな思いを抱いている方のために、
原状回復費用をはじめ賃貸人と賃借人がどれだけの
割合を負担すべきなのか明確にお伝えしています。

 

 

 

賃貸(アパート・マンション・ワンルーム・借家)の原状回復費用

 

原状回復で多い工事の内訳は下記のとおりです。≫「賃貸の原状回復費用」

 

原状回復の内容

費用

フローリングのキズ・剥がれ・浮き上がりの修理(1帖)

60,000円

壁のシミ・日焼けによる変色・黒ずみによる総張替え(6帖)

60,000円

ハウスクリーニング(台所・トイレの消毒)

10,000円

ハウスクリーニング(部屋全体)

30,000円

鍵の交換

20,000円

合計

180,000円

 

その他、状況に応じて下記の費用がかかります。

 

原状回復の内容

費用

壁や天井の穴の補修

20,000〜50,000円

壁紙(クロス)の張替え

40,000〜50,000円

畳の表替え(6帖)

30,000〜50,000円

畳の裏返し(6帖)

21,000〜25,000円

クッションフロアの張替え(6帖)

40,000〜50,000円

台所のシンクの修理(水が流れない・水漏れ・蛇口のゆるみ)

25,000〜40,000円

ウォシュレットの取り外し

6,000〜10,000円

エアコンの取り外し

5,000〜30,000円

エアコンのビス穴をふさぐ

20,000〜50,000円

ワイヤーガラスの亀裂の補修

25,000〜30,000円

網戸の張替え(窓用150cm×95cm)

3,000〜3,500円/枚

網戸の張替え(ベランダ用190cm×95cm)

4,000〜4,500円/枚

 

 

店舗(飲食店)の原状回復費用

 

1坪あたり2万円超が目安です。

 

51坪以上の場合は、1坪5万円近くになります。
≫「店舗(飲食店)の原状回復費用」

 

店舗の広さ

費用

10坪〜20坪

210,000〜430,000円

21坪〜30坪

500,000〜710,000円

31坪〜40坪

710,000〜920,000円

41坪〜50坪

880,000〜1,080,000円

 

 

事務所・オフィスの原状回復費用

 

事務所は退去前にいくつかの注意点があります。
≫「事務所・オフィスの原状回復費用」

 

事務所・オフィスの規模

費用

個人オーナー所有の小規模ビル

20,000〜35,000円/坪

大型タワービル

40,000〜50,000円/坪

 

 

倉庫・公務員宿舎・スケルトンの原状回復費用

 

倉庫や公務員宿舎は、スケルトンそれぞれの実例をご紹介しています。

 

原状回復する建物と状態

説明・解説

倉庫

倉庫はさまざまな使われ方をするため、原状回復費用がピンキリです。

 

こちらに事例をご紹介していますので参考にしてみてください。

 

 

「倉庫の原状回復費用」≫

公務員宿舎

公務員宿舎は敷金がないため、原状回復費用は、
200,000〜400,000円かかることが多いです。

 

 

「公務員宿舎の原状回復費用」≫

スケルトン

スケルトン工事は、100,000円ほどで済むケースもあれば、2,000,000円近くかかる場合もあります。

 

こちらで多数の実例をご紹介していますので参考にしてみてください。

 

 

「スケルトンの原状回復費用」≫

 

店舗や公務員宿舎、スケルトンの原状回復工事では、
費用が大幅に変わってきます。

 

1社だけの見積もりでは、
金額が妥当なのか素人では判断がつきませんよね。

 

大損しないためには複数の業者から
見積もりをとってみることが大切です。

 

複数の業者の見積もりを見比べることで、
本当に必要な原状回復工事が明確になりますので是非おすすめします。

 

 

賢いリフォーム業者の選び方

 

賃貸住宅ではオーナー指定のリフォーム会社で
施工することも少なくありません。

 

ですが、特定の1社に決めるよりも
まずは3社ほどの会社から見積もりをとって比較したほうが
高確率で安くリフォームできます。

 

入居者・オーナー問わず、複数社による見積もりをすることで
お互いに後味のいい状態でお別れができますね。

 

≫失敗しないリフォーム業者選びの3つのポイント