エアコンを原状回復する費用はいくら?

エアコンを原状回復する費用はいくら?

エアコン,原状回復,費用

 

 

エアコンがついていない賃貸住宅では、借主が取り付けることになります。

 

 

オーナー(大家さん)の負担でエアコンを取り付けるように交渉もできますが、借主が自分でエアコンを取り付けるケースが多いです。

 

 

その場合、オーナーの承諾が必要になります。

 

 

賃貸住宅にすでにエアコン用のコンセントや配管のためのスリーブという穴があるからエアコンを取り付けても大丈夫!と思っても、後々のトラブルを防ぐためにオーナーの承諾をもらうことを忘れてはいけません。

 

 

借主は賃貸住宅に造作を無断で取り付けてはならないからです。

 

 

造作とは建物に付加された物のことです。エアコンや衛星放送用のアンテナ、バリアフリーのための室内用の手すりなどがあてはまります。

 

 

オーナーの承諾無しに増改築することも含みます。

 

 

賃貸住宅で勝手に増改築する人なんていないだろう?と思われるかもしれませんが、実際にはあるのです。賃貸住宅を借りている借主が無断でベランダを部屋に増築したケースがあったわけです。

 

 

 

エアコンの原状回復の内容と費用はいくら?

 

エアコン,原状回復,費用

 

 

賃貸住宅を退去するときは、借主がエアコンを取り付けた場合に取り外す必要があります。エアコンを取り付けると壁にビス穴を開けるため、壁や壁紙にエアコン本体の跡が残ります。

 

 

エアコンの原状回復の内容

 

原状回復では、エアコンの取り外しや壁に残った跡や穴を補修します。

 

 

エアコンが水漏れを起こして壁が腐食した場合はおおがかりな修繕が必要です。

 

 

エアコンを取り付ける用に作られていない部屋に、エアコンを取り付けた場合は厄介です。壁にはスリーブ用の穴を開けるか、窓にスリーブ用のパネルを設置しないといけません。

 

 

エアコン専用のコンセントも必要ですので、分電盤の交換をすることもあります。

 

 

 

エアコンの原状回復費用はいくら?

 

原状回復の内容

費用

エアコンの取りはずし

5,000〜30,000円/台

壁紙の張り替え

900〜1,200円/u

ビス穴をふさぐ

20,000〜50,000円

スリーブ穴をふさぐキャップ

2,000円

 

 

エアコンを取りはずす原状回復費用は、1台が5,000円〜3万円くらいかかります。エアコンを取り外すと壁に跡が残ります。壁紙を張り替えるとものにもよりますが、1平方メートルあたり900円〜1,200円くらいです。

 

 

エアコンのビス穴をふさぐための原状回復工事は、2万円〜5万円をみておくと参考になります。エアコンのスリーブの穴をふさぐためには、キャップがあります。キャップ2,000円くらいです。

 

 

 

エアコンを買い取ってもらうことができるの?

 

エアコン,原状回復,費用

 

 

借主がオーナーの許可なくエアコンを取り付けた場合は、オーナーに買い取る義務はありません。退去時に無断でエアコンを置いていった場合は、撤去費用を請求されます。

 

 

逆にオーナーが許可して取り付けたエアコンを、借主から買い取りの請求があれば、オーナーは法律上買い取らなければなりません。

 

 

しかし、この規定は必ずというものではないのでエアコンの取り付けを承諾するときに、造作(この場合はエアコンにあたります)を一切買い取らない旨の特約を結んでおくと買取の義務は逃れることができます。

 

 

契約書に「借家人は造作を付けた場合、一切その買取りを請求せず、立ち退きの際は必ず原状回復して引き渡す」という趣旨の特約が入っているとエアコンを買い取ってもらうことはできません。

 

 

契約にこのような事項が入っておらず、もしオーナーに買い取ってくれることができた場合の買取額は時価になります。

 

 

 

エアコンが取り付けられない賃貸住宅の場合、代替品はあるの?

 

 

エアコンが取り付けられない賃貸住宅も存在します。

 

 

室外機を置くためのバルコニーがなかったり、建物全体の電気容量が足りない場合があるからです。

 

 

エアコンの代替品はいくつかあります。冷暖スポットエアコンです。エアコンの室内機と室外機が一体になっています。エアコンに比べると運転音が大きいため、寝室に置く場合は気になるかもしれません。

 

 

水が蒸発するときの気化熱を使って冷たい風を出すしくみです。冷房効果は、決して高くありません。逆に、エアコンで冷えすぎるのが苦手な人には向いているといえます。

 

 

窓パネルを使って排気ダクトを設置する必要があります。本体に水分を排出するためのタンクがありますが、こまめに水を取り替えないと水漏れを起こす場合があるので注意が必要です。その他の代替品は冷風扇や扇風機があります。

 

 

 

まとめ

 

 

賃貸住宅にエアコンを取り付ける場合は、オーナーに承諾を得る必要があります。エアコンの原状回復工事には、エアコンの撤去、ビス穴やスリーブ用の穴をふさぐ、壁紙の張替えなどの作業がでてきます。

 

 

借主がオーナーの承諾を得て取り付けたエアコンは、契約によってはオーナーに買い取ってもらえる場合もあります。事前に確認することが大切です。

 

 

エアコンが取り付けられない賃貸住宅では、冷暖スポットエアコン、冷風扇、扇風機で代替することができます。